江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気


こどもの症状と対処法 江副クリニック 福岡市南区 春日市
      こどもの症状と対処法

HOME >江副クリニック  よくある症状と対処法

症 状 概 要
誤飲してしまった 飲み込んでしまった物により、それぞれ処置が異なります。
吐かせてはいけない場合や、牛乳を飲ませてはいけない
場合もありますので注意が必要です。

1.次の場合は飲み込んだものを吐かせてはいけません。
(1)6カ月未満の乳児。
(2)意識障害、けいれんがあるとき。
(3)重症な心疾患や、不整脈があるとき。
(4)強酸や強アルカリなどの腐食性物質(→ 5.へ)。
(5)灯油やシンナーなどの揮発性石油類。
(6)けいれんを起こすストリキニーネや樟脳などの毒物。


2.次の物質は脂溶性なので牛乳を飲ませてはいけません。
(1)農薬。
(2)殺鼠剤。
(3)殺虫剤。
(4)防虫剤。


3.次のような重い症状のあるときには、直ちに病院に行きましょう。
(1)意識障害、けいれんがある。
(2)長い時間が経過しても、中毒症状がある。
(3)血を吐いた。


4.誤飲した場合の共通の処置。
(1)液状のものは、皮膚や目についてないかを調べ、付いていれば流水で15分以上洗いましょう。
(2)多量の水を飲ませることは、吐かせるための前処置として行う以外は止めましょう。
  かえって毒物を溶かしたり吸収をうながしたりしてしまします。


5.強酸や強アルカリなどの腐食性物質を誤飲した場合の処置。
(1)絶対に吐かせてはいけません。
(2)すぐに多量の牛乳を飲ませましょう。
(3)必ず病院へ行って診察を受けましょう。


【詳しい誤飲についての情報】 -----------------------------------------------------------------------

子ども誤飲110番
 URL:http://www.okiyaku.or.jp/goin/

上記サイトに詳しく解説されています。
沖縄県薬剤師会作成のサイトで信頼できます。

COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.