江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

こどもの症状と対処法 春日市 那珂川 那珂川町 南区
      こどものよくある病気

HOME > こどものよくある病気

  ウイルス性結膜炎 アレルギー性結膜炎
 ウイルス性結膜炎 アレルギー性結膜炎 那珂川町  ウイルス性結膜炎 アレルギー性結膜炎 春日市
詳細説明 ウイルス性結膜炎 アレルギー性結膜炎の特徴
結膜炎の原因診断が大切
 結膜炎は原因により、ウイルス性結膜炎、クラミジア性結膜炎、細菌性結膜
 炎、アレルギー性結膜炎の四つに分けられます これらの鑑別が大切です
 アレルギー性結膜炎は目やにが少なくかゆみが強くて充血がよわい。
 感染性の結膜炎では、かゆみより異物感が強く眼脂が多く感染予防が
 大切です。

ウイルス性結膜炎
(1) 流行性角結膜炎
 アデノウイルス結膜炎です。感染力が強く、「はやり目」と呼ばれています。
 白目が充血し目やにが出て、眼痛はありますが。かゆみはありません。
 耳前や顎下にあるリンパ節腫れます。瞼の裏に白い炎症性の膜ができることが
 あり(偽膜)、特に小さなお子さんでは成人より偽膜が生じやすいです。
 偽膜ができると目の表面に傷がつき激しい痛みがでます。片目発症でも、もう
 片目に症状が出現することがあります。約1週間が病状のピークで、その後
 改善してきますが、炎症が強い場合は黒目(角膜)の表面に小さな濁りができ
 ることがありステロイド薬の目薬を使うことがあります。
 角膜の濁りも、時間とともに徐々に消えてゆきますが、完全に消えるまでに数
ヶ月かかることもあります。

(2) 咽頭結膜熱
 アデノウイルス(3型、4型、7型)によって起こる結膜炎で、俗に「プール熱」と呼
ばれています。この結膜炎は、白目の充血や目やにといった眼の症状のほかに、
 のどの痛みや39度前後の発熱がみられるのが特徴です。潜伏期は約1週間で、
 症状は発症から1週間くらいで軽快してきます。

(3) 急性出血性結膜炎
 エンテロウイルス(70型)やコクサッキーウイルス(A24変異型)によって起こる結
 膜炎です。症状は急性で、眼痛や目やにが出現し、しばしば白目に出血が
 みられます。症状の強いときは角膜に小さな傷ができることがありますが濁りに
 なることはありません。潜伏期は1日で、症状は発症から約1週間で軽快します。

(4) ヘルペス性結膜炎
 ヘルペスウイルスによる結膜炎は、他の人にはあまりうつりません。症状としては
 白目の充血や眼脂などに加え、多くは目の周りの皮膚に小さな薄い赤色の水
 疱がみられます。このウイルスは特徴的な角膜炎(角膜ヘルペス)を合併するこ
 ともあり、この場合はしっかりと治療する必要があります。

ウイルス性結膜炎の治療
 ヘルペス性結膜炎以外のウイルス性結膜炎に対しては、今のところ残念ながら
 特効薬はありません。感染したウイルスに対する抗体が体内で作られるのを待つ
 しかありません。通常、炎症を抑え、細菌による二次感染を防止するための
 目薬を使用します。
 ヘルペスウイルスには抗ヘルペスウイルス作用を持つ眼軟膏を用います。また症
 状によっては抗ウイルス薬の内服や点滴治療を併用することもあります。

ウイルス性結膜炎の感染予防
 ウイルスによる結膜炎と診断されたら、周囲の人にうつさないように注意しなけ
 ればなりません。他人へ感染させる恐れのある期間は、流行性角結膜炎や
 咽頭結膜熱では約1〜2週間、急性出血性結膜炎では3〜4日です。学校
 保健法では、流行性角結膜炎と急性出血性結膜炎は医師が周囲への感染
 力がなくなったと判断するまで、咽頭結膜熱は主要症状が消退した後2日を経
 過するまで登校を禁止すること、と明記されています。社会人でも集団感染を防
 止する意味で、できるだけ仕事を休むのが良いでしょう。学校・医療施設・接
 客業に従事している人は、職場で休業を義務付けているところもあります。
 ウイルスは目をこすった手や目を拭いたハンカチなどから感染することがほとんど
 です。感染を予防するにはよく手を洗うことが重要です。また目を拭くときはテッ
 シュペーパーなどの使い捨てのものを使い、タオルなどは家族と別のものを使って
 ください。お風呂は最後に入るようにしましょう。

アレルギー性性結膜炎
■アレルギー性結膜炎の種類と症状
(1) 花粉症
 花粉が原因で生じるアレルギーです。花粉症を起こす植物としては、春先に
 多いスギ、秋に多いブタクサなどが有名ですが、花粉そのものが毒性を持って
 いるわけではありません。花粉が体に入ってくると、「好酸球」という細胞が過剰
 に反応して、「ヒスタミン」などの化学伝達物質をたくさん作ってしまうことが花粉
 アレルギーの原因です。症状は眼のかゆみ・充血・異物感・目やになどです。
 花粉症では、毎年決まった季節に症状がみられることが特徴です。

(2) ハウスダストによるアレルギー性結膜炎(通年性アレルギー性結膜炎)

 ハウスダストによる結膜炎も、原因や症状は花粉症と同様です。(異物が花
 粉ではなく、ハウスダストであるという違いだけです。)しかし、ハウスダストは花
 粉と異なり、常に身の回りにあるので、一年を通して症状が慢性的にみられる
 のが特徴です。

(3) 春季カタル
 春季カタルはアレルギー性結膜炎の慢性重症型です。10歳くらいまでの男児に
 多く見られます。ハウスダストが原因となっていることが多いとされています。目のか
 ゆみが非常に強いうえ、黒目(角膜)の表面に多くの小さな傷ができるために異
 物感が強く、光をまぶしく感じます。炎症が強いときは、黒目に白い濁りができる
 ことがあります。ひどくなると、白く濁った部分が剥がれ落ちて「角膜潰瘍」という
 状態になることもあります。従来は、10歳を過ぎると症状は軽くなり、自然に治癒
 することが多かったのですが、アトピー性皮膚炎を合併することが多くなった最近
 では、20歳代でも強い症状がみられる人がいます。

アレルギー性結膜炎の診断
 目やにを顕微鏡で調べて「好酸球」という細胞が見つかれば確実にアレルギー
 性結膜炎と診断できます。ただし、通常は、充血やかゆみなどの症状や結膜の
 状態から容易に診断することができます。アレルギーを起こしている原因物質を
 調べる方法には、皮膚をこすって疑わしい物質のエキスを乗せ、その部分が赤
 くなるかどうかを見る「スクラッチテスト」や、血液検査などがあります。

アレルギー性結膜炎の治療  抗アレルギー作用をもつ目薬を用いた治療が主に行われます。花粉症の場合、
 あらかじめ季節が判明しているときは、かゆみなどの自覚症状が出現する前に
 目薬をつけ始めることで、症状の出現を予防したり、軽くしたりすることができます
 かゆみなどの症状が強いときは、ステロイドを含む目薬が使われることもあります
 この目薬は、症状を抑える効果は強いのですが副作用として眼圧上昇を起こす
 ことがあるので、眼科に通院しながら注意深く使う必要があります。ですから処方
 眼圧を測定して処方することがあります。する前に目薬だけで症状が治まらないと
 きには、抗アレルギー薬を内服することもあります。春季カタルなどの重症例では
 少量のステロイド薬を内服したり、結膜へのステロイド薬の注射などを併用したり
 することもあります。
 以上の治療法は、症状を抑える「対症療法」といわれる方法です。これに対し
 アレルギーのそのものを改善する方法として、「減感作療法」という治療法があ
 ります。これは、アレルギーの原因が検査で明らかである場合に、その原因物質
 を低い濃度から徐々に高い濃度へ半年ぐらいかけて注射することにより、その物
 質にアレルギー反応を起こさないようにする方法です。 有効率80%位ありますが
 週3回注射から始まり1年以上かけて治療するため 労力と費用はかかります。
 また効果があっても、月2回または月1回の注射から減らせない患者さんもすこし
 おられます

アレルギー性結膜炎の予防
 花粉症の場合は、症状の出現しやすい季節にできるだけ花粉と接しないように
 工夫することが重要です。ゴーグル型の眼鏡や花粉防止用のマスクの着用が
 最も効果的です。花粉が飛びやすい日は外出や洗濯物などを外に干すことを
 避けたり、外出から帰宅したときには服についた花粉を十分に落とすようにしま
 しょう。目を洗うことは目を傷つけてしまうこともあるため、あまり勧められません。
 洗顔して目の周りを洗うことはよいでしょう。ハウスダストの場合は、部屋の清潔
 を心掛けたり、寝具を干したりするのも効果的です。また動物を屋内で飼うこと
 は避けたほうがよいでしょう。ただ症状がでているのに薬なしでこのような方法だけ
 で直そうとするのは無理があります。薬できちんと症状、病状を改善しながらそ
 れと平行して このような方法をとると薬も効果もよく減量して行けるでしょう
★☆ ウイルス性結膜炎 アレルギー性結膜炎
ウイルス性結膜炎 アレルギー性結膜炎の特徴と治療のポイントを説明します
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.