江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

こどもの症状と対処法 春日市 那珂川 那珂川町 南区
      こどものよくある病気

HOME > こどものよくある病気

  LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)
詳細説明 LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)
肝胆道の閉鎖状態のをみる酵素です
LAPとはロイシンなどの蛋白質を分解する酵素で、健康な人では胆汁中に多く含まれています。胆汁は肝臓で生産され、胆のう、胆管を経て十二指腸に分泌されます。 よって胆管などの胆道系が閉塞し、胆汁がうっ滞すると、血液中のLAPは高値になります。 また、胎盤性LAPは胎盤に含まれ、妊娠によって血液中に出てくるため、胎盤機能検査としても測定されます。

詳しく知りたい方に

●LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)の異常のでるメカニズム
ロイシンアミノペプチダーゼ(LAP)はロイシンまたは他のアミノ酸を遊離する酵素です。肝、腎、小腸、膵などに分布し、肝炎では細胞障害により上昇、胆汁うっ滞や薬物性肝障害、アルコール性肝障害では酵素誘導により上昇が認められます。  臨床的には主に肝・胆道などの閉塞状態を知るのに利用されています。閉塞性胆道疾患の他、ウイルス感染症、白血病、悪性リンパ腫などで上昇します。

LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)の異常
●70〜200U/L(増加)
[高頻度]
胆石、胆嚢炎、急性肝炎、アルコール性肝障害、肝細胞癌、転移性肝癌 
[可能性]
慢性肝炎 
[対策]
ビリルビン分画・胆汁酸測定、胆道系酵素の測定、画像診断
●200U/L以上(高度増加)
[高頻度]
肝細胞癌、転移性肝癌、胆石症による胆道閉塞、薬物性肝炎 
[可能性]
家族性高LAP血症 
[対策]
「増加」と同様、問診(薬剤使用歴)
★☆ LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)とは?
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.