江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

こどもの症状と対処法 春日市 那珂川 那珂川町 南区
      こどものよくある病気

HOME > こどものよくある病気

  HDL-cho(善玉コレステロール)
詳細説明 HDL-cho(善玉コレステロール)の検査
余ったコレステロールを運んだり血管のコレステロールを除去します
●HDL-cho(善玉コレステロール)の異常がでるメカニズム?
HDLコレステロールは脂質異常症の診断基準の一つとなります(脂質異常症診断基準)。HDLコレステロールは、余ったコレ ステロールを肝臓に運ぶ働きや、血管についたコレステロールを除去する働きをします。
高値となるのは
HDL中のコレステロールを他にうまく渡すことができないCETP欠損症や、HDL中の中性脂肪がうまく分解されない肝性リパーゼ欠損症などが考えられます。
低値となるのは
脂質の過剰摂取・肥満・喫煙などの生活習慣が考えられます。血管にへばりついたコレステロールを除去する働きが少なくなるので、動脈硬化を引き起こす原因となります。

詳しく知りたい方に

HDL-cho(善玉コレステロール)の異常値の出るメカニズム
高密度リポ蛋白(HDL)は末梢細胞に蓄積したコレステロールを引き抜くことで、動脈硬化症に予防的役割を果たしているリポ蛋白です。低HDL血症では虚血性心疾患の発症頻度が増加することが知られています。低HDL血症の原因として、高脂血症(特に高トリグリセリド血症)に伴うものが多く認められます。  20mg/dL以下の著明な低HDL血症の原因としては、レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)欠損症などの遺伝疾患の他に、肝硬変などによるリポ蛋白の合成障害があります。  低HDL血症は動脈硬化症の危険因子となるので是正する必要があるが、増加させる薬剤は存在しないのでHDLを低下させる原因(喫煙、運動不足、肥満、高糖質食など)を取り除く必要があります。  100mg/dL以上の著明な高HDL血症は、コレステロールエステル転送蛋白(CETP)欠損症などで認められるが、LDLが正常ならこの高HDL血症の治療は必要でないと考えています。

HDL-cho(善玉コレステロール)の異常

●20mg/dL以下(高度低下)
[高頻度]
アポ蛋白A-T欠損症、レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)欠損症、魚眼病、Tangier病 
[可能性]
肝硬変、慢性腎不全 
[対策]
原疾患の治療
●20〜40mg/dL(低下)
[高頻度]
高脂血症、肥満、糖尿病、甲状腺機能亢進症、肝硬変、慢性腎不全、骨髄腫、脳梗塞、喫煙、プロブコール投与時 
[対策]
原疾患の治療
●65〜100mg/dL(増加)
[高頻度]
コレステロールエステル転送蛋白(CETP)欠損症、肝性リパーゼ欠損症、アポ蛋白C-V異常、長期多量飲酒、原発性胆汁性肝硬変、肺気腫、薬剤(フィブラート系薬剤、ニコチン酸、HMG-CoA還元酵素阻害薬、エストロゲン、インスリン) 
[対策]
原疾患の治療
★☆ HDL-cho(善玉コレステロール)とは?
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.