江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

こどもの症状と対処法 春日市 那珂川 那珂川町 南区
      こどものよくある病気

HOME > こどものよくある病気

  嘔吐下痢症 乳児嘔吐下痢症 かぜからくる胃腸炎
詳細説明 嘔吐下痢症 乳児嘔吐下痢症のポイント
実は嘔吐下痢症という病名がないんです
●嘔吐下痢症とはどんな病気か?
嘔吐下痢症で検索しても 乳児嘔吐下痢症しかヒットしないと思います。 よく使われる嘔吐下痢症という病名は存在しないんです。 吐き気と下痢があれば嘔吐下痢といってしまいますが原因は様々です。嘔吐下痢症と医者が有りもしない病名? を口にするのはこれからする長い説明を診察中にはすることができないので ついそういってしまう?のです

●かぜからくる嘔吐下痢症
これは乳児嘔吐下痢症とはまったく別物です。熱がある場合、無い場合、吐き気がある場合、無い場合、下痢がある場合 無い場合と症状も色々です。原因もかぜのようにうつる細菌性のもの、ウイルス性のもの、扁桃腺炎や急性喉頭炎、気管支炎、インフルエンザからくるもの 、ノロウイルス・サルモネラ・O157などからくるものなどがあります。

●かぜからくる嘔吐下痢症の共通する症状
原因は様々なのでいっしょにするのは乱暴なのですが、共通点がいくつかあります。
@うつりやすい
実際は兄弟間、親子間、学校内でとかなり感染力が強いようです。そういう意味から感染性胃腸炎という病名をつけたいところ ですが、感染性胃腸炎と実際に言われているのはノロウイルス・サルモネラなどのような食中毒を中心とした病名なのでこのなまえを使いにくいのです。

A何度もかかる?
このように原因が様々のため同じような症状でも病気の種類が違うことが多く、家族内で何度も繰り返し吐き気や下痢、反復性の腹痛、発熱、悪寒などのかぜ症状を繰り返すことがあります。 家族それぞれが必要以上の接触を避け うつる前に一人ひとりをはやく直すことが大切です。

B市販薬がきかない
たんなる腹痛、下痢、吐き気ではないため 症状だけを抑えることしかできない市販薬がききません。病気の本人が一時的に症状が改善しても、その間に家族にうつり結局病院でちゃんとした治療をうけることに。 早めのかかりつけ医への相談をおすすめします。

C食事がとれなくなったらやばい
自宅で食欲があれば発熱などがあっても何とかなるときもありますが、食事がとれなくなればもう悪くなるばかり。2食食べられなければ病院で適切な治療を受けるべきです。 食事が食べられないのに自己治療している期間が長ければ長いほど 周りにうつす、本人が重症化してよりたくさんの点滴などの治療が必要となります。 当院でこのような症状で入院となった患者さんの場合 感染性が強いと判断され1日約1万円の入院費に加え個室料がかかることに。とにかく食べられなくなったら 早めに受診がおすすめです。

●かぜからくる嘔吐下痢症の症状は?
吐き気はほとんどの原因の時に起こりますが、下痢や熱、悪寒などは起こるときと起こらないときがあります。

●かぜによる嘔吐下痢症の検査と治療は?
採血により細菌性が原因なのか、何日前から悪くて今後どのくらいは治癒にかかりそうなのか、抗生剤が有効なのかなどがわかります。 採血の結果を待っている間に点滴なども行うと脱水症状と吐き気、悪寒などを軽減できます。検尿などで脱水の程度 また周期性嘔吐症 が起こっているかどうかなども診断できます。ノロウイルスかどうかという検査も病院で可能ですが、ほけん適応がなく自費で2500円ほどかかる上、治療法もかわらないのでとくに検査する方はいません

●自宅でできることは?
1回目の嘔吐やまだ吐き気だけで嘔吐してないときには、自宅に吐き気止めの座薬(ナウゼリン座薬)などが残っていれば 使用すると改善することも。ナウゼリン座薬の30mg3歳以上であれば一つ、大人であれば二つ 一度嘔吐があればすぐに使用することをおすすめします。数回嘔吐を繰り返した後ではほとんど効果は見られません。座薬を使用してすぐ下痢などで形のまま排泄されたときにはすぐにもう一回使用可能です。市販薬などを購入しても症状が多彩でいくつもの薬を買う羽目に。で結局病院でかかるより出費がかさんだりします。 食物からの食中毒による下痢の原因が考えられないときには、下痢止めなども使用可です

●周期性嘔吐症をおこしているときは
ほとんど食事がとれず腹痛を伴い吐き気を繰り返す状態の時には、低血糖に伴うケトンという物質が腹痛の原因となります。このときには水やお茶、アクエリアス(ダイエットスポーツ飲料)は低血糖による嘔吐を誘発します。ヤクルト、チョコ、ピノ、あめ玉などで血糖はあがるがはけない量を15分おきなどに頻回にとらせます

感染性胃腸炎のポイント
感染性胃腸炎とは食物についた菌でおこること
●「ロタウイルス腸炎」は、米のとぎ汁のような下痢
かぜのウイルスや細菌が原因で胃腸炎を起こすことがあります。ウイルス性腸炎の代   表が、「ロタウイルス腸炎」。便が白っぽく米のとぎ汁のような状態になって、多量に出   ます。下痢の回数も多く、すっぱいにおいがします。嘔吐もあり、脱水状態になるのが   心配。必ず、医師の診察を受け、水分の補給などの治療を受けましょう。   ロタウイルスは唾液や便からうつるので、ママやパパもよく手洗いをしてください。

●「キャンピロバクター腸炎」は、ペットにご用心
鶏の生肉や、犬・猫・小鳥などのペットにいるキャンピロバクター菌に感染すると、   「キャンピロバクター腸炎」を起こします。1日に何回も粘液の混じった、においのきつ   い下痢をし、ときには血便も。医師の診察を受け、ペットを飼っている場合は、そのこ   とをきちんと伝えてください。ペットや糞をさわった後は手洗いをするよう習慣づけを   この病気にかかった子供の便からも、菌が出ているので注意してください。

●「細菌性腸炎」は、いわゆる食中毒
ウイルス性の腸炎のほかに、細菌性の腸炎があります。これは、いわゆる食中毒。   キャンピロバクター菌、サルモネラ菌、ビブリオ菌、ボツリヌス菌、ブドウ球菌などがつ   いた食品を食べたとき、起こります。どの食中毒も、下痢・発熱・嘔吐がおもな症   状。食べてから、症状があらわれるまでの時間は、早いもので4時間くらいです。   症状が軽い場合も、受診しておくと安心です。
★☆ 嘔吐下痢症 乳児嘔吐下痢症の診断と治療のポイントを説明します
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.