江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

こどもの症状と対処法 春日市 那珂川 那珂川町 南区
      こどものよくある病気

HOME > こどものよくある病気

  鼠径ヘルニア
鼠径ヘルニア 小児科 鼠径ヘルニア 小児科
詳細説明 鼠径ヘルニアの特徴
ももの付け根や陰のうがふくれます
腸が飛び出して、ふくらみが見えます
「鼠径」はももの付け根の部分、「ヘルニア」は体の一部が突出すること。
ももの付け根のところに腸が飛び出して、丸くふくれる症状を「鼠径ヘルニア」と呼びます。
陰のうの中に腸が出てふくれることもあります。左右片側に起きることが多いのですが、
約1割は左右両側に起こります。男の子に多く、女の子にも起こります。
症状が出る時期は、まちまち
 鼠径ヘルニアは先天的なものですが、症状が出る時期は、生後すぐ、
歩き始めのころ、小学生になってから、などまちまちです。
 生後3カ月までにあらわれたものは、まれに自然に治ることもありますが、
 生後5カ月以後なら手術をして治したほうがよいでしょう。
時期を見て、早めに手術をします
 ふくらんだ部分を押して引っこむ場合、また、眠ったり泣きやんだりしてお
 なかの力が抜けると自然に戻る場合は、とりあえず急いで手当てする必
 要はありません。
 ただ、ごくまれに飛び出した腸が締めつけられ、腸閉塞を起こすことがあ
 ります。これが「嵌頓(かんとん)ヘルニア」。
 緊急手術が必要です。それを未然に防ぐためにも、鼠径ヘルニアが見
 つかった時点で、早めの手術をすることが一般的になっています。
 
★☆ 鼠径ヘルニア
  病気の特徴と治療のポイントを説明します
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.