江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

こどもの症状と対処法 春日市 那珂川 那珂川町 南区
      こどものよくある病気

HOME > こどものよくある病気

  突発性発疹
突発性発疹 春日市 突発性発疹 春日市
詳細説明 突発性発疹の特徴
熱が上がり平熱に戻ったときの発疹
生まれて初めての高熱
 生後5カ月から2歳くらいまでの乳幼児に多い病気で1歳までが多いです。
 突然、高熱が出て3〜4日続き、熱が下がったとたんに胸やおなか、背中
 に赤い発疹が出ます。 かゆみが少なく発疹も2〜3日でおさまります
 発疹が出ているときに熱がないことが大切。
 発疹が出ているときに熱があればこの病気ではありません
 生まれて初めての高熱のときにはこの病気のことがよくあります。
 ただ必ずかかるとものではありません(うちの娘二人は突発性発疹にはなりませんでした)
 あまり心配のない病気と思われがちですが、食欲が落ちたり水分が十分にいっていなくて
 外来で二日間点滴加療、改善ないため入院させ、翌日に発疹がでたとう患者さんも
 いるので軽く見ると痛い目に遭います。 またこの病気だと最初の発熱を勝手に判断せず
 かかりつけの医師に診察を受けられた方がよいでしょう。

怖い乳児の発熱 
生後4ヶ月未満の発熱は恐ろしい
 生後3ヶ月くらいの時には母体免疫(おかあさんからの初乳などから受け継がれた免疫)
 のため 普通は熱が出ません。 ですから生後4ヶ月未満 とくに生後2ヶ月以下の37.5度
 をこえる熱は重症のことがおおく 基本は入院精査します。
 ですからこの頃の発熱を突発性発疹と親が自己判断して自宅で様子を見る事は
 きわめて危険です

人にうつることは少なく治療は対処療法です
 原因はヒトヘルぺスウイルス6型です。一度しかかからず感染力も強くありません。
 また発疹ができたときには感染力はありません。  発疹は大小不同で不規則な赤い発疹で、かゆみが少なく軟膏などの治療は
 必要ありません。 治りがけに茶褐色に退色したあと完全に治癒します。  突発性発疹にかかったという病歴は大切なので、自己判断せず、発疹が本当に
 突発性発疹であるかどうか、かかりつけの医師に確認しておいた方が良いでしょう

家庭でのケアは
食事と水分
 軽い病気と油断して悪くすることもある病気。食事と水分をこまめにとらせておしっこの
 量や発熱時の汗の量なども注意深く観察して下さい。
 汗をかかして熱を下げるため無理矢理ふとん蒸しにするなどもってのほかです(笑)
 熱性痙攣などを併発することもあるので油断大敵、この頃の発熱は福岡県では
 医療費は補助があるので、誰かのせい?にできるようきちんと診察をうけておいた方が
 安全です。突発疹かもしれないから安心といわれても食事や水分が十分とれていな
 かったり、高熱がつづいてぐったりしていたら、再度受診をおすすめします。
★☆ 突発性発疹
  病気の特徴と治療のポイントを説明します
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.