江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

こどもの症状と対処法 春日市 那珂川 那珂川町 南区
      こどものよくある病気

HOME > こどものよくある病気

  さかさまつ毛、さかまつげ(眼瞼内反・睫毛内反)
 さかさまつ毛、さかまつげ(眼瞼内反・睫毛内反) 那珂川町
詳細説明 さかまつげ 眼瞼内反・睫毛内反の特徴
まつげがうちむきにはえる
まつげが黒目に当たり、涙や目やにが出やすい
 下まぶたのまつげが内側を向いて生えていることを「さかさまつげ」といいます。まつ
 げが黒目(角膜)に触れ、まばたきの時に、うっとうしそうにする症状が見られます
 下まぶたの鼻に近いほうが内側に入りこんでいると、まつげが黒目(角膜)に当た
 って、涙や目やにが出やすいこともあります。これを眼瞼内反といいます。

赤ちゃんは、さかさまつげになりやすい
 赤ちゃんは、もともとまぶたに脂肪が多くてはれぼったいなどの原因で、さかさまつ
 げになりやすいです。1〜2歳になると脂肪が少なくなって、まつげが外向きになり
 自然に治っていくことがほとんどです。
 歳をとることで眼瞼内反を起こしてさかまつげとなることもあります。

  目やにが多いときは、清潔なガーゼでふく
 「角膜が傷つくのでは」と思われがちですが、子供の場合、めったにそうしたことは
 ありません。目やにが多いときは、清潔なガーゼでふいてあげてください。
 いずれにしても一度、眼科医に診察してもらいましょう。
 加齢による眼瞼内反によるときにはまつげを抜いたり手術することも

手術が必要な場合も
 まれに、角膜に傷がつく赤ちゃんもいます。目やにが多く、日差しを異常にまぶし
 がるようなときは、手術が必要になることも。
 3歳になっても、さかさまつげが治らないときは、まつげの向きを変える手術をする
 ことがあります。
★☆ さかさまつ毛、さかまつげ(眼瞼内反・睫毛内反)
さかまつげ 眼瞼内反・睫毛内反の特徴と治療のポイントを説明します
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.