江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

こどもの症状と対処法 春日市 那珂川 那珂川町 南区
      こどものよくある病気

HOME > こどものよくある病気

  近視・遠視・乱視
近視 遠視 乱視 那珂川町 近視 遠視 乱視 春日市
詳細説明   近視・遠視・乱視の特徴
近視(遠くが見づらい) 遠視(近くが見づらい) 乱視(物が何重にもみえる)
目に入る光の屈折に、異常でおきます
 目に入った光は角膜と水晶体で屈折し、網膜で像を結んで、私たちはものを
 見ることができます。目に入った光が、網膜の手前で像を結んでしまうのが近視。
 近くのものはよく見えますが、遠くのものはぼけてしまいます。
 光が網膜より後ろで像を結んでしまうのが遠視。遠くのものも、近くのものもピント
 がぼけてしまいます。
 乱視は角膜や水晶体のゆがみから、光の方向によって屈折が異なり、ものがぼ
 やけたり、何重にも見えます。

目つきがおかしい 転びやすい 顔を斜めにしてみる
 目つきや動作に気になる点があったら、できるだけ早く眼科を受診してください。
 近視や遠視、乱視など、ものの見え方に異常があるのかもしれません。

子供の視力は発達に大きな影響が
 視力は、毎日ものを見ることで発達します。生まれたばかりの赤ちゃんは、うまく
 目を動かすこともできないし、視力も弱いのです。日々ものを見ることで、少しず
 つ視力が発達していきます。ですから生まれつき遠視や乱視の場合、この訓練
 ができず、視力の発達が遅れて弱視になるおそれもあります。
 近視・遠視・乱視は、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正し、毎日、両方の
 目でしっかり見ることが大切です。

遠視・近視は3歳から治療を
 高度な遠視・乱視や、左右の視力が極端に違う目は、弱視の原因になることが
 治療は、視機能の発達を考えると、3歳くらいから始める必要があります。
 3歳児健診のころには、視力検査も受けることをおすすめします。
★☆ 近視・遠視・乱視 
近視・遠視・乱視の特徴と治療のポイントを説明します
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.