江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

こどもの症状と対処法 春日市 那珂川 那珂川町 南区
      こどものよくある病気

HOME > こどものよくある病気

  急性腎炎・溶連菌感染後腎炎
急性腎炎 溶連菌感染後腎炎 那珂川町 急性腎炎 溶連菌感染後腎炎 春日市
詳細説明 急性腎炎 溶連菌感染後腎炎の診断と治療のポイント
溶連菌による咽頭扁桃腺炎の後2週間で発症
 血尿が出る、むくむ、血圧が高くなる
 特徴的な症状は、コーヒー色の血尿が出る、体がむくむ、血圧が高くなるとい
 う3つです。まぶたがはれたり、足がむくんで靴がはけなかったり、体がだるく食欲
 がなくなったりします。乳幼児にはまれで、幼稚園から小学校の低学年にかけ
 て、見られることが多い病気です。感染源が抗原となって腎臓の糸球体血管の
 内皮細胞に沈着して抗原抗体反応や炎症を起こし、血管の内腔が狭窄(き
 ょうさく)して血液が通りにくくなり、腎機能が低下します

腎臓にある、尿をつくるはたらきが低下します
 体がむくみ血尿がでることに
 この病気は、腎臓にある糸球体のはたらきが低下して起こります。糸球体は、
 血液中の老廃物や余分な水分をこして尿をつくるはたらきをしているため、体
 がむくんだり血尿が出るなどの症状があらわれます。病気の引きがねになるのは、
 溶連菌の感染。かぜが治って2〜3週後に発症することが多いのです。上まぶた、
 足の浮腫、肉眼的血尿、高血圧、乏尿(ぼうにょう)、全身倦怠、頭痛、食欲
 低下が臨床症状として重要です。腎炎の程度が軽度であると身体所見や自
 覚症状に乏しく、学校検尿などで偶然に尿の異常を指摘され、診断されるこ
 とがあります。尿は血尿(肉眼的血尿から顕微鏡的血尿まで種々、赤血球
 円柱+)、タンパク尿(ネフローゼとなることも)がみられます。大量のタンパク尿が
 みられても数日以内に減少し、1〜2カ月以内には消失します。
 血尿は消失するまで3〜4カ月かかります。腎炎の発症する2週間程前に咽
 頭炎などの先行感染がなかったかの確認が大切。

 体重は10〜15%程度増加、高血圧は3〜8割にみられ、高血圧の程度が強
 いと頭痛、嘔吐、けいれん、意識障害などの急性脳症(高血圧性脳症)を起
 こします。乏尿は自覚症状として気づかれることは少なく、4〜5日間持続します。


急性腎炎の診断
 血尿、たんぱく尿、浮腫、高血圧に要注意
 溶連菌感染症の結果として血清ASO、ASKは上昇します。低タンパク血症、
 低アルブミン血症、BUN・クレアチニンの軽度上昇、血清補体価(CH50)の低
 値、C3低値、C4低値となります。多くの場合、血清IgA(免疫グロブリンA)は
 正常、抗核抗体と抗DNA抗体は陰性です。尿所見や血清補体価が次第に
 改善し、溶連菌感染の存在が確認し診断します。小児では重症例を除いて
 腎生検がせずにすむことも。

急性腎炎の治療
 急性期の高血圧と高カリウム治療が大切
 急性期には入院治療をすることも 浮腫には減塩、水分制限 高血圧の
 コントロールを 血圧が正常なら日常生活はOK 利尿期にはいり浮腫が消
 えたら塩分、水分制限も解除、血清補体価の改善すると退院できます
 高K血症に対しては注射の利尿剤を使うことも

食事制限が大切です
 塩分と蛋白を制限
  大人と比べて子供の急性腎炎は、ほとんどの場合、慢性化することもなく、
  よくなることが多いのです。しばらくは、生活上の制限もありますが、進学にさ
  しつかえるようなことはほとんどありません。

★☆  急性腎炎 溶連菌感染後腎炎の診断と治療のポイントを説明します
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.