江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

こどもの症状と対処法 春日市 那珂川 那珂川町 南区
      こどものよくある病気

HOME > こどものよくある病気

  膀胱炎
腎盂腎炎 那珂川町 腎盂腎炎 春日市
詳細説明 膀胱炎の診断と治療のポイント
おしっこがちかくなったりいたがったり
 おしっこの変調がサインです
おしっこが近くなったり、おしっこをするときに痛がったりします。終わっても、まだ、おしっこが残っている感じがする場合もあります。 赤ちゃんは言葉で訴えられないので、きげんが悪くなったり、泣いたり。おしっこが濁ったり、排尿の終わりに血尿が出ることもあります。

赤ちゃん時代は男の子、2〜3歳をすぎれば女の子に多い病気
 おしっこの穴から菌が入る
 大腸菌などの細菌が尿道→膀胱にはいり 膀胱炎は、細菌が膀胱の中で増え、炎症を起こしている状態。細菌は、ほとんどが大腸菌です。赤ちゃん時は男の子に多く、2〜3歳をすぎると女の子に多い病気です。女の子は尿の出口と肛門が近く、尿道が短いので、大腸菌が膀胱に侵入しやすく、膀胱炎を起こしやすいのです。

抗生物質を服用して十分に水分をとらせます
尿中に完全に菌がいなくなるまで抗生剤を服用することが大切
 原因となっている細菌を調べて、抗生物質を服用。1〜2週間で症状はおさまり
 ます。水分を十分にとることも大切。水分をたっぷりとるとおしっこの量が増え、膀
 胱内に増えた細菌をおしっこといっしょに流してしまうことができます。
 日で気になる症状は消失。よくなったからといって受診を中断せず、検尿にて菌
 がいなくなっているか確認して治療中止して下さい。また尿路に異常がないかど
 うかを検査しておく必要があります。

トイレのトレーニングも大切
女の子は「前から後ろへふく」習慣を
膀胱炎を予防するため、女の子はうんちの後、「前から後ろへふく」習慣をつけたいもの。赤ちゃんの場合は、おむつ替えの回数を多くするようにします。
★☆  膀胱炎の診断と治療のポイントを説明します
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.