江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

こどもの症状と対処法 春日市 那珂川 那珂川町 南区
      こどものよくある病気

HOME > こどものよくある病気

  先天性股関節脱臼
詳細説明 先天性股関節脱臼のポイント
90%がうまれたあとにおきます
●赤ちゃんは関節がゆるく、脱臼しやすいので注意
「先天性」と名前がついていますが、実はほとんどが後天的なもの。赤ちゃんは関節がゆるいので、股関節も脱臼しやすいのです。カエルのように曲げている赤ちゃんの足を、無理にまっすぐにすると脱臼してしまいます。 女の子に多い病気です。

●いろいろなサインが見られます
股の開きが悪かったり、ひざを曲げて股を広げるとポキッという音がするなどが股関節脱臼のサイン。両足をそろえると、左右の太ももやおしりのしわの数が違ったり、左右の足の長さが違うなどのサインもあります。

●おむつの当て方、抱き方に注意します
軽い場合や、股関節脱臼かどうかはっきりしない場合は、おむつの当て方、抱き方などを注意して、次の健診を待ちます。 おむつを替えるとき、赤ちゃんの両足首をそろえて持ち上げたりせず、おしりの下に手を入れて、おしり全体を持ち上げるようにします。

●整形外科で、バンドで治療します
股関節脱臼かどうかは、整形外科でレントゲン写真を撮って調べます。はずれている場合は、革バンドを使って肩から足をつるして整復します。つける期間は、ふつう3〜4カ月。ほとんどがこの治療で治ります。 バンドでよくならない場合は、入院してけん引します。

●歩き方が変だなと思ったら、念のため受診を
ふつうは3〜4カ月健診で発見されますが、ときには「歩き方がおかしい」「なかなか歩かない」といったことから見つかる場合もあります。 股関節脱臼は、放っておくと関節が変形することもあるので、変だなと思ったら整形外科を受診しておくと安心です。

★☆ 先天性股関節脱臼
先天性股関節脱臼の診断と治療のポイントを説明します
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.