江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

江副クリニック 春日市 那珂川 那珂川町 南区
      大人の病気

HOME > 江副クリニック 大人の病気

  子宮内膜炎
子宮内膜炎 那珂川町 子宮内膜炎 春日市
詳細説明 子宮内膜炎の特徴
子宮内膜の炎症(細菌感染)がおこる病気
内膜症(子宮内膜が違う場所にできる) 内膜炎(子宮内膜の細菌感染)
 子宮内膜炎とは子宮に何らかの原因で細菌が入り、子宮内膜に炎症を起こす
 病気です。子宮内膜症とは異なる病気ですので、間違えないようにしましょう。
 通常、子宮内膜は月経時のたびにはがれて体外に排出されるので、炎症が起
 きることはありません。しかし大腸菌やブドウ球菌、結核菌などの菌や、性感染
 症として増加しているクラミジアや淋菌などに感染すると、炎症を起こすことがあります
 子宮内膜炎は妊娠や流産、中絶後の子宮頸管が開いている時に多くみられます
 また女性ホルモンの分泌が減る更年期や老年期には女性ホルモンの作用が弱まる
 ので細菌が入りやすくなり、炎症をおこすことがあります。腟炎や子宮頸管炎から子
 宮内膜炎に発展するケースも。女性にとって腟や頸管がヒリヒリ痛かったり、かゆいと
 いうこともありますが、子宮内まで菌が入り炎症が拡大するのが子宮内膜炎です。
○急性子宮内膜炎
 細菌の種類によって、症状に違いはあるが、高熱をと もなったり、下腹部の激
 痛や腰痛、排便・排尿時の腰の痛みなどがあげら れる。炎症がひどくなると、
 卵管、卵巣、腹膜まで広がることがある。
○慢性子宮内膜炎
 細菌が子宮内に侵入しても、子宮内膜は、月経で剥離 ため、何回かの月経
 で自然に治ることが多いが、生理不順であったり、無 月経が続くとしだいに慢性
 化し、子宮筋層へと炎症は広がる。慢性の経過 をとるためにほとんど症状は出
 ないが、出血量が少なかったり、無月経や不妊症の原因になることがある。
○老人性子宮内膜炎
 年をとり、ホルモン分泌が減ると、子宮の自浄作用 が低下し、様々な細菌が
 子宮内に入りやすくなる。症状は、膿のようなおりものがあらわれる。
 子宮口や、子宮頸管が狭くなっているので、子宮腔 に、膿がたまり、けいれんや
 下腹部痛が起こることもある。これを子宮溜膿腫という。子宮ガンのときにもこのよ
 うな状態になる場合もあるので、 老人の場合は、単なる炎症によるものか、子宮
 ガンなのかが大切である。

子宮内膜炎の症状
  @悪臭のある膿性のおりもの、褐色のおりものが続く。(膿性帯下)
  A下腹部痛がある。
  B月経時でもないのに、月経痛のような痛みがある。
  C月経血が少なくなる。不正性器出血がある
  D排便痛、排尿痛などがある。
  E全身症状は乏しい

子宮内膜炎の原因
 原因となる細菌は、淋菌、レンサ球菌、ブドウ球菌、大腸菌、結核菌などが
 ある。月経のとき、不潔なタンポンを膣内にあったり、タンポンを膣の中に長い間
 おいた場合も、子宮内にまで炎症を起こしてしまうことがある。
 淋菌による感染は、成人では直接性行為から、膣から子宮頸管、子宮腔へと
 淋菌が進んでいき、炎症を起こす。 また、自然流産や人工妊娠中絶をした後
 や、お産の後には細菌が侵入しやすくなります。
子宮内膜炎の検査と診断
 内診により、子宮に圧痛が認められます。炎症がさらに付属器や骨盤内にまで拡大
 すると付属器領域やダグラス窩(子宮と直腸の間の腹膜腔)にも圧痛が認められます。
 子宮からの分泌物の培養により、起炎菌を特定します。
 子宮内膜炎は、急性と慢性とに分類できます。
 急性子宮内膜炎
 急性子宮内膜炎は、子宮内膜の機能層に感染が起こっているもので、月経時に機能層
 が剥離(はくり)することにより細菌も排出されて、自然に治ることもあります。
 慢性子宮内膜炎
 慢性子宮内膜炎は、感染が子宮内膜の基底層まで波及する場合で、月経時に基底層
 が排出されないため感染は慢性化します。基底層に残る細菌は、再生されてくる機能層で
 再度感染するため、経過は慢性化します。
 結核性子宮内膜炎や老人性子宮内膜炎では慢性に経過します。老人性子宮内膜炎
 では子宮頸管(けいかん)の狭窄(きょうさく)や閉鎖を伴うと子宮瘤脳腫(りゅうのうしゅ)を形
 成することもあります。
子宮内膜炎の治療
 起炎菌が特定されている場合には、その菌に感受性のある抗生剤を使用します。起炎菌
 が特定されるまでの間は、通常、広域スペクトル(効果の範囲が広い)の抗生剤を使用し
 ます。また、消炎薬を併用することもあります。流産後や分娩後では子宮収縮薬を併用
 することで子宮内腔に残った組織の排出を促すこともあります。子宮瘤膿腫を形成して
 いる場合には、頸管を開大し、うみを排出する必要があります。
 子宮内膜炎に気づいたらどうする
 下腹部痛や異常な帯下(たいげ)があれば、産婦人科を受診してください
 炎症の原因となる細菌感染を防ぐことも必要です。他の体の部分と同じように、腟や頸管
 にも常在細菌が住んでいます。炎症を起こす菌をシャットアウトする方法は通気性のよい
 綿の下着をつける→綿素材は細菌が繁殖しにくい素材です。敏感な皮膚にも◎
 常に局部を清潔に保つ→排泄排尿時には前から後ろに拭き取るのが、局部を清潔に
 保つポイント。ウォシュレットは雑菌が入りやすいので要注意。ビデをしっかりつかって後
 から前に水がとばないようにしましょう。なお、症状が出ているときは避けたほうがよいでし
 ょう。症状が落ち着いてから軽く使う程度で。。
 性感染症を防ぐためのコンドーム
 コンドームは避妊のためだけでなく、細菌を体内に入れない働きもあります。
 性行為の前後にシャワーを浴びる
 細菌を体内に入れないためにも、パートナーともども清潔を心がけましょう。
 炎症を起こしている原因菌をつきとめ、抗生物質を投与します。また消炎剤や解熱剤を
 併用することがあります。子宮が炎症を起こしているため、下腹部を暖めるのは避け、入
 浴はシャワーのみとします。性行為もパートナーの理解を得て控えましょう。
 病気が進行すると、卵管などの周囲の臓器にも影響が及ぶことも。そのときは入院治療
 や手術が必要になる場合があります。
★☆ 子宮内膜炎
  子宮内膜炎の特徴と治療のポイントを説明します
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.