江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

気管支喘息  那珂川町 福岡市南区 小児科
       気管支喘息

HOME >気管支喘息

 [点線]

気管支喘息とは
気管支が細くなり息がしにくくなる病気

 
 気管支喘息とは、気管支が過敏になり、その結果気管支が細くなり息を吐くことができにくくなってしまう病気です。
 この状態が喘息発作で、患者さんは強い呼吸困難を訴え、この病気に独特なゼーゼー、ヒューヒューという音(喘鳴)が聞かれます。

 適切な治療により、また、時には自然に発作が改善するのも大きな特徴です。
 喘息の患者さんは発作さえ起こさなければ、また薬でちゃんとコントロールできれば全く健康な人と変わりがありません。
 一度、気管支が細くなって息を吐くことができなくなっても、また、元の状態に回復するわけです。

 
気管支喘息 那珂川町 小児科 春日市 南区   気管支喘息は、子供から老人まで
広い範囲で見られ、急速に増えています。

  子供(15歳以下)の喘息は、アレルギー(アト
  ピー)が関与しています。また大人の場合は
  アレルギーと 気管支の慢性炎症(長期間の
  咳の放置など)が関係しています。

   気道がある刺激(アレルギーなど)に対して
 過敏に反応すること(気道過敏性)のメカニズ
  ムが解明され、慢性の気道炎症がその原因で
  あることがわかりました。

   喘息治療はアレルギーだけを押さえるの
  でなく、気管支炎症を抑える治療もあわせて
  行うようになってきました。

喘息の症状とは
 喘息症状はゼーゼー ひゅーひゅー

 自覚症状としては 熱がなく 一日のうち数回咳き込む、咳き込まないときには咳がでない。
 夜間や明け方に多い からはじまり 横になると咳がでる
夜間咳で眠れなくなる というように段階的に症状が変化
 咳の前後にぜーぜー ひゅーひゅーを自覚するようになります
喘息 那珂川町 南区 春日市 小児科

 
気管支喘息 那珂川町 小児科 春日市    気管支喘息は、気管支が収縮して細くなり、息をがはきにくくなります
 気管支が細くなる程度に従って、単なる喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)から大発作まで呼吸困難が起こってきます。
 多くは咳と痰を伴っています。
 大発作が継続する状態を喘息の重積発作とよび、適切な治療が行われないと致死的状態となります。

 喘息死のほとんどは、痰がつまることによる窒息死です 近年増加傾向にあります。

喘息の症状が気づかないことも
  自覚症状は重症度と比例しないことも

 自分では喘息ではない またはなおっている 発作はない と思っていても 外来で血液中の酸素を測ると ぞーっとするほど酸素がさがっている患者さんがたくさんいます。
 これは徐々に酸素が下がってくると、自覚症状がうごいたときすこしきついかなあ と言う程度しか自覚しなくなってしまうようです
 ですから患者さんが息苦しいと感じる血中酸素濃度の個人差がおどろくほどあります
 普段正常またはちゃんとコントロールされている人は90%くらいでも息苦しさをかんじますし、先日の2歳の女の子は肺もゼーゼー 血中酸素も60%なのにけろっとしていました。
 熱がなければ、ゼーゼーいっていても両親も安心するところがこの病気の怖さです。
 

喘息の重症度はわかりずらい

  発作の程度は、元来、患者の自覚症状、つまり呼吸困難の程度によって判定されてきました。
 しかし、患者が感ずる自覚症状は、各個人によって異なっていますから、必ずしも本当の病状(気管支の収縮の程度)を表しているとは限りません。
 気管支が非常に細くなって、発作が実際には重症にもかかわらず、それほど強い呼吸困難を訴えなかったりする患者さんもいます。
 気管支の流量をピークフロー(PF)とよび簡単な器具を使って容易に測定することができます。
   これにより発作が起きてなくても、発作が起きる前に気管支、肺の状態が把握できます。
 80%以下に落ちていたら、なんらかの治療を受けなくてはなりません。
 自覚症状は、もちろん重要ですが、PFのような客観的な指標を参考にして、症状を分析することも重要です。

喘息の治療は 日進月歩です
ステロイド薬の吸入が治療の中心に
  気管支喘息の治療は、この5-10年間に革命的に変化したといっても過言ではありません。
  それを一言で言えば、ステロイド薬の吸入が治療の中心になったということです。
   ステロイドと聞くと副作用が強いというイメージがありますよね
  もともとステロイドは体の中で作られてもので、これを気管支に直接小さな粒子として作用させるこ
 とで妊娠中でも可能であるほど副作用が少ないものとなりました

   (1)気管支拡張薬
 気管支喘息の発作は気管支が収縮して細くなることによって起こり、気管支拡張薬が有効なことになります。
 細くなった気管支に直接薬剤が届きますから、即効性があり非常に有効です。
 この吸入に使われる薬剤は、交感神経刺激薬と呼ばれるものです。
 交感神経は気管支を拡張する作用が非常に強く、吸入すると10分程度で気管支が拡がって呼吸困難が改善します。
 しかし、交感神経は同時に心臓に対しても作用しますから、使いすぎると心臓に大きな負担をかけることになります。
 ですから、使用は原則的に発作時にのみ限り、あまり安易に使用しないように注意が必要です。
 この吸入薬の使いすぎが致死的結果を招く危険性も指摘されています。
 経口や静脈内投与に用いる気管支拡張薬としてテオフィリン製剤があります。
 以前は、喘息治療の中心でした。
 現在では、吸入ステロイド薬や交感神経刺激薬の補助的なくすりとなっています。
 

 
気管支喘息 那珂川町 小児科 春日市 南区 2)ステロイド薬
  ステロイド薬が喘息発作の特効薬であることは以前から知られてい
 ました。  発作が重症で持続する時(重積発作)には経口あるいは点
  滴で用いられ、重積発作時には第一選択の治療になります。
 しかし、内服ステロイド薬には多くの副作用があるために、発作がな
 い時には長期的に使うことができませんでした。
 近年、ステロイド薬に吸入用のステロイド(が開発、妊娠中でも投与
 可能なほど副作用がないことが分かりました。
  気管支喘息の本態である気道過敏性をもたらすものが気道の慢性
 炎症であることが分かってきました。
  吸入ステロイド薬は、最も強力な抗炎症薬であり、かつ、喘息のコ
 ントロールには最も適した薬ということになります。
  現在の喘息治療は、吸入ステロイド薬の定期的使用が中心となっ
 ており、ガイドラインにおいても、すべての喘息患者に吸入ステロイド
 を用いることが薦められています。
 

 
3)抗アレルギー薬
 気管支喘息のうちアレルギーが関与するタイプがアトピー型ですが、その原因のアレルギーを抑える薬剤もよく用いられます。

 多くは、経口薬ですが、DSCG(インタール)という薬剤だけは吸入で用いられます。
 この薬は特に小児科領域では、喘息治療の第一選択と考えられていましたが、海外では吸入ステロイドが主流となってきています。
 他の抗アレルギー薬はすべて経口薬ですが、その結果、有用性は、あくまでも2次的なものであって、他の治療法の補完的な治療と考えるべきでしょう。
気管支喘息 那珂川町 小児科 春日市 南区

お役立ちリンク集

インフルエンザ情報
インフルエンザ情報サービス
http://influenza.elan.ne.jp/
製薬会社(タミフルをつくっている)のサイトでわかりやすく、国立感染症研究所などのリンクもついています。
★★★★★

国立感染症研究所
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/
専門的ですが、一般の方にはむつかしいかも 情報は客観的で正確です
★★★★

インフルエンザ Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6
ウィキペディア フリー百科事典の情報です ただ新型インフルエンザの症状には弱いかも
★★★

こどもの誤飲でこまったら
子ども誤飲110番
URL:http://www.okiyaku.or.jp/goin/
こどもの誤飲で一番詳しいのがこのサイトです。沖縄県薬剤師会作成のサイトで信頼できます。
★★★★★

皮膚科Q&A
日本皮膚科学会
URL:http://www.dermatol.or.jp/
日本皮膚科学会のサイトで信頼できます。写真が多く参考になります。
★★★★★

妊娠、出産などのお悩み。
gooベビー
URL:http://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/pre/index.html
妊娠・育児期の「困った」や「気がかり」の情報が載ってます。
お気軽にご連絡ください
お問い合わせフォームへ
このページのトップへ

えぞえくりにっく HOMEへ 【診療のご案内】 + 内科・小児科・眼科
【役立つ豆知識】 + よくある症状と対処法 + 予防接種について
【江副クリニック】 + 院長挨拶・スタッフご紹介 + 院内のご紹介 + 機材のご紹介
【インフォメーション】 + 医院概要・アクセス + お問い合わせ
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.