江副クリニック 筑紫郡那珂川町 内科(消化器科・呼吸器科・循環器科) 小児科 眼科 の『江副クリニック』  http://www.ezoe-cl.jp/  

HOME 福岡市南区 那珂川町 春日市
診療のご案内 福岡 那珂川 南区
今はやっている病気   内科・小児科・眼科
院長挨拶・スタッフご紹介
院内と機材 アクセス
お問い合わせ
画像から診断します
検査値の読み方
役立つ豆知識 福岡 那珂川 南区
よくある症状と対処法
予防接種について
新型インフルエンザ
ヘルパンギーナ
手足口病
はしか(麻疹)
役に立つ豆知識2
みずぼうそう(水痘)
咽頭結膜熱・プール熱(アデノウイルス感染症)
風疹(三日はしか)
伝染性紅斑(りんご病)
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
とびひ(伝染性膿痂疹)

役に立つ豆知識3
子供のよくある病気2
子供のよくある病気
溶連菌感染症
女性の病気
元気に人生を送るために
高血圧
糖尿病
高脂血症
気管支喘息
咳喘息
大人の病気

気管支喘息  呼吸器科 那珂川町 春日市
       気管支喘息 咳喘息

HOME >気管支喘息

咳喘息とは?
風邪が治ったのに なぜか長引く咳 
 風邪が治ったはずなのに咳だけが続く この咳には次のような特徴が

   @咳以外ののどの痛み、発熱などの症状がない せいぜい鼻水程度
   A咳がズーと続かない 出始めれば咳き込むが、咳が出ない時間がある
   B横になったり、寝ているとき、朝方に多い。 よる目が覚めたり不眠にも
   C5日間以上続く 
   D市販の咳止めが効きかない
   E会話、運動、気温の変化、たばこの煙で咳き込む
                                 のような特徴があります。

咳喘息と喘息との違いは?
 喘息症状とちがいゼーゼー ひゅーひゅーがない

 自覚症状としては 熱がなく 一日のうち数回咳き込む、咳き込まないときには咳がでない。
 夜間や明け方に多い からはじまり 横になると咳がでる
 夜間咳で眠れなくなる というように段階的に症状が変化します
 その他胸写で異常がない 再発を繰り返す 肺機能検査で  異常がなどの特徴があります  
喘息 那珂川町 春日市

咳喘息の治療は
咳喘息 春日市   吸入ステロイドがすごく効くのですが

 喘息は元来アレルギーが原因と考えられていました。
しかしとくに成人の喘息ではその原因が気管支の慢性炎症つまりせきがつづが出続けることが喘息に移行する原因となることもわかってきました。
 治療薬としてもっとも効果があるのが喘息で使用する吸入ステロイドなのですが、喘息の薬と言うことでなかなか患者さんが受け入れてくれないこともあります。
 そういう場合は抗アレルギーの内服や気管支拡張剤で咳が止まらないときに使用してもらうようにしています。 

咳喘息 詳しく知りたいひとのために
 最近増えている病気です

   咳喘息(cough variant asthma:CVA)は、ゼーゼー、ヒューヒューや呼吸困難がなく、慢性に咳
   だけが続く病気です。咳喘息は喘息ではありませんが、喘息の前の段階と考えられています。
 咳喘息の特徴
  1.  いつまでも咳だけが続く 熱や咽頭痛もなくあっても鼻水程度
  2.  咳は数ヶ月から、1年以上続くことがある 咳は1日十ではなく出ない時間がある
  3.  かぜなどの感染の後におこることが多い
  4. . 市販の咳止めが効かない
  5.  咳は夜間から明け方に多く、横になるだけで出ることがある
  6.  咳は夜間から明け方にかけてでることが多い
  7.  気温の変化(冷たい空気) お風呂の湯気やタバコの煙を吸うと咳き込みやすい
  8.  会話、電話、運動などのときに咳き込みやすい
  9.  かぜ薬や咳止めを飲んでも効かない
 10.  気管支拡張薬が有効
  その他の参考事項  胸部レントゲン検査で異常がない
  アレルギー素因のある人に多い
  女性に多い(男:女=1:2)
  再発を繰り返すこともある  などの症状があります

  咳喘息の診断基準(下記の1〜7のすべてを満たす)
  1.  喘鳴を伴わない咳嗽が8週間(3週間)以上持続する
     聴診上ぜーぜーいう音を認めない
  2.  喘鳴、呼吸困難などの喘息の既往を認めない
  3.  8週間以内に上気道炎に罹患していない
  4. . 気道過敏性の亢進
  5.  気管支拡張薬が有効 (注2)
  6.  咳感受性は亢進していない (注3)
  7.  胸部X線で異常を認めない

咳喘息の簡易診断(下記の1〜2のすべてを満たす)
  1. 喘鳴を伴わない咳嗽が8週間(3週間)以上持続する聴診上wheezeがない
  2. 気管支拡張薬が有効  治療
● 風邪薬、抗生物質、咳止めは効果がありません。
 気管支拡張薬、吸入ステロイド薬、抗アレルギー薬が有効ですが、確実な効果があるの
 は吸入ステロイド薬です。咳喘息は気管支拡張薬が有効なことが特徴ですが、気管支
 拡張薬で軽減しても消失せず、吸入ステロイド薬を必要とする場合が多いです。
●咳喘息は喘息への移行を防ぐという観点から、早期に吸入ステロイド薬を使用して気
 道の炎症を抑えることが重要です。再発率が高く、咳が持続するときには3〜6ヶ月続け
 る必要となることがあります。咳喘息における吸入ステロイド薬の使用は「咳症状の治療」
 とともに「喘息への移行を予防する」と意味があります。
経過
●適切な治療をしないと喘息に移行(約30%)しますし、再発もしやすいです。
●咳喘息とまったく同様の症状で、気管支拡張薬が効果のないものをアトピー咳嗽といいます。
 この場合、ヒスタミンH1拮抗薬(ザジテン、アゼプチン、ニポラジン、セルテクト、アレジオンなど)が
 と吸入ステロイドが有効です。

慢性に咳が続く病気
 1.  咳喘息
 2.  アトピー咳嗽
 3.  副鼻腔気管支症候群
 4.  胃食道逆流
 5.  薬剤(高血圧治療薬:ACE阻害薬)
 6.  その他 肺癌、気管支結核、慢性気管支炎、喘息など

診断が難しい咳喘息 ● 咳喘息は実際には8週間も咳嗽が続くか待てず乾性咳が数週間以上続き、気管支
  拡張薬または吸入ステロイド薬で効果があれば咳喘息と言うことになります。
● 痰を伴わない咳が続く以外に、喘鳴があったり、呼吸困難があれば咳喘息ではなく、気
  管支喘息喘息です。
● 咳喘息と考えがちな病気に副鼻腔炎(蓄膿)による副鼻腔気管支症候群があります。
  この場合は咳以外に、痰を伴うことが多く、後鼻漏(鼻汁がのどに垂れる)、鼻汁、咳払
  いなどの症状がしばしば見られます。
  その他、慢性に咳が続く病気としては、慢性気管支炎、びまん性細気管支炎などの気
  管支病変、肺癌、気管支結核、薬剤、胃食道逆流(逆流性食道炎)などがあります。
  吸入ステロイド薬を使用しても効果がないときは、このような病気も考えられます。
増え続ける咳喘息
●咳喘息で受診される患者さんの数が年々増加しています。咳喘息に対し当院では吸入
 ステロイド薬を使用すると経過は非常に良好ですが、症状が改善するため患者さんが早め
 に治療を中断してしまうことが多く、再発する患者さんをしばしば見受けます。
 咳喘息が喘息に移行することが多いということが大切です

    「かぜをひいてから咳が止まらなくなった」という患者さんが増、咳喘息の診断・治療の重要性を感じています。
 ただ、咳喘息では、咳以外の症状がないためなかなか病院にもおいでにならず長い治療期間が必要なことも
 増えています。
咳喘息から喘息に移行して受診した患者さん ● 30代の女性の患者さんは平成15年4月に風邪にかかり咳が止まらなくなったため耳鼻科のA先生を受診したところ「アレルギー性の咳」と診断され抗アレルギー薬などの治療を受けました。しかし、症状改善せず内科のB先生を受診、そこでは「気管支炎」との診断され抗生剤などの治療を受けました。 いずれの治療でも改善せず、放置していたら時間とともに改善したそうです。 ところが、平成17年4月に風邪にかかりその後から夜間の咳が止まらなくなり、同年7月には喘鳴、呼吸困難も出現するようになり当院を受診しました。 この患者さんの場合、最初に耳鼻科を受診されたときに「咳喘息」であったと考えられます。放置していて時間とともに改善したそうですが、このときに吸入ステロイド薬を一定期間使用しておくのがベストではなかったかと思われます。 咳喘息の患者さんがB先生のように「気管支炎」という診断をされることは良くあることで、抗生剤などの投与を受けますが、咳喘息であれば抗生剤等の治療はまったく効果がありません。 17年4月に再発されこの患者さんは、7月になって喘鳴、呼吸困難が出現するようになっており、咳喘息→いったん改善→咳喘息→喘息という経過をたどり、咳喘息から喘息に移行したと考えられました。 すぐに、吸入ステロイド薬を投与したところ1週間後には喘鳴、呼吸困難、咳はいずれもまったく消失しています。喘息発症後早期に受診され、吸入ステロイド薬をすぐに使用しましたので、この患者さんのの予後は非常に良いのではないかと考えています。 ちなみに、当院を受診した咳喘息の患者さんが、咳喘息移行したケースは皆無といっていいほどありません。おそらく、最初から吸入ステロイド薬を積極的に使用している結果だと思います。 咳喘息の診断は大変難しいですが3〜4週間以上咳が続き、とくに他の疾患が考えられないときは、

 [点線]

お役立ちリンク集

インフルエンザ情報
インフルエンザ情報サービス
http://influenza.elan.ne.jp/
製薬会社(タミフルをつくっている)のサイトでわかりやすく、国立感染症研究所などのリンクもついています。
★★★★★

国立感染症研究所
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/
専門的ですが、一般の方にはむつかしいかも 情報は客観的で正確です
★★★★

インフルエンザ Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6
ウィキペディア フリー百科事典の情報です ただ新型インフルエンザの症状には弱いかも
★★★

こどもの誤飲でこまったら
子ども誤飲110番
URL:http://www.okiyaku.or.jp/goin/
こどもの誤飲で一番詳しいのがこのサイトです。沖縄県薬剤師会作成のサイトで信頼できます。
★★★★★

皮膚科Q&A
日本皮膚科学会
URL:http://www.dermatol.or.jp/
日本皮膚科学会のサイトで信頼できます。写真が多く参考になります。
★★★★★

妊娠、出産などのお悩み。
gooベビー
URL:http://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/pre/index.html
妊娠・育児期の「困った」や「気がかり」の情報が載ってます。
お気軽にご連絡ください
お問い合わせフォームへ
このページのトップへ

えぞえくりにっく HOMEへ 【診療のご案内】 + 内科・小児科・眼科
【役立つ豆知識】 + よくある症状と対処法 + 予防接種について
【江副クリニック】 + 院長挨拶・スタッフご紹介 + 院内のご紹介 + 機材のご紹介
【インフォメーション】 + 医院概要・アクセス + お問い合わせ
COPYRIGHT(C)2009 江副クリニック ALL RIGHTS RESERVED.